悪玉コレステロールを食事で下げる方法は

中性脂肪やコレステロールは日ごろの食生活が原因で数値が上がると言われています。

 

どのような食事を摂取すればよいものなのでしょうか?
コレステロールの場合悪玉コレステロールを増やさない生活をすることが大切です。

 

例えば肉ばかりが中心の食生活を控えるようにしたり、皮脂の多いものを摂取しすぎるのを控えるようにすると良いでしょう。
また、野菜・海藻類・大豆食品などをバランス良く摂取して、植物性タンパク質も摂取することを忘れないようにすると良いです。

 

魚は青魚を選んで食べるようにして、アルコール摂取も一日の限度量をきちんと守るようにすることが大切です。
糖質の多い炭水化物や果物、お菓子などはカロリーオーバーにならないよう気を付ける必要があります。

 

まずそれぞれ一日に摂取して良い量がどのくらいの量が適量なのか、ということをきちんと知るということが最も大切なことと言えます。

 

悪玉コレストロールを下げる食品

 

厚生労働省では1日1g以上の摂取をすすめられていて、一度にたくさんに取るより、毎日1gを目標に摂取するようしましょう。

オメガ3脂肪酸

アマニ油やえごま油、くるみなどに

納豆キナーゼ

血管壁に出来る血栓を取り除き、血液をサラサラに

ニンニク

にんにく由来の成分、アホエン、ジチイン、S‐アリルシステイン

カテキン

コレステロールの吸収を阻害するといわれている

 

上記の中でバランスよく食事でとるのが大切ですが、DHA・EPAを毎日とるのは意識すべきでしょう。
某製薬会社で、魚をよく摂取する人としない人の血流障害を比較すると大きく魚をよく摂取する人が良い結果が出ているデータでなどもあります。

 

DHA含有量
生食の場合(可食部100gあたり)
・クロマグロ(脂身):3,200mg
・ブリ:1,700mg
・さんま:1,700mg
・ハマチ(養殖):1,700mg
・マイワシ:1,300mg
・カツオ(秋獲り):970mg
・真鯛(養殖):890mg
・マアジ:440mg
・するめいか:200mg
調理食の場合(100gあたり)
・さんま(焼き):1,400mg
・マアジ(開き干し・焼き):1,300mg
・ウナギ(蒲焼き):1,300mg
・マイワシ(缶詰・油漬け):810mg

・シロサケ(焼き):510mg
・いかなご(佃煮):500mg

 

 

上記の量をなかなかとれない方に人気なのが、毎日手軽に摂取できるサプリメントです。
ただ、いろいろな種類がありますので粗悪なものを選ばないようにしてください。
原料にも良し悪しがありますし、DHA・EPAは非常に酸化しやすいので、それらのポイントをクリアしたものを厳選しました。

 きなり
 

「きなり」の特徴とポイント、

 

@DHA・EPA含有量、1日4粒の中に500mg
A酸化しにくする必須脂肪酸のクリルオイルとアスタキサンチンが含まれています。
Bナットウキナーゼ(血栓を溶かしてくれる)も含まれていてサラサラ。
Cソフトカプセルで魚臭くないので習慣付けしやすい。
D安心の15日返金保証で保証してもらえるのは、良心的。
E定期購入でさらに33%お得になっています。

 

これだけ贅沢にこだわりの素材が入って、毎日続けやすい価格になっているのはうれしいですね。
リピート率が高いのは、内容の確かさとコスパの良さとでしょう。


 

DHA含有量 1日4粒 価格 オススメ度
450mg 初回1,980円(税込) 1日66円  

>>きなり詳細はこちら<<

 

 

悪玉コレストロールが高いと生活習慣病のリスクが

 

悪玉コレステロールが多いと、生活習慣病になりやすいと言われています。

 

生活習慣病とは、メタボリックシンドロームや、肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常などの病気のことを指しますが、この病気はなかなか自覚症状があまりないため気づくのが遅くなってしまうという危険があります。
健康診断で、悪玉コレステロールが多いと言われたら、まずは生活習慣病にならないための生活を心掛けることが大切です。

 

食事は出来るだけ同じ時間に食べることや、遅い時間に脂分の多い食事をとらないこと、肉ばかりを摂取するのではなく、野菜やきのこ類、大豆食品などもバランス良く取りいれるということなどを心掛けると良いでしょう。

 

また適度な運動も大切なので、毎日できなくても、運動の習慣を付けるということが大切です。

 

アルコールも悪玉コレステロールがたまりやすいので、適量を摂取するということが大切です。

 

 

 

きなりのクチコミ

コレステロールが高いと血液がドロドロになって危ないと聞いて、このままではいけない!と何かしなくてはいけないと思うようになりました。
そんな時いろいろ対処法を探していたら、食品からではなくてサプリメントからもコレステロールに効き目があるものがあると知ることが出来ました。

 

DHAやEPAが配合していることと共に、健康酵素にあたるナットウキナーゼもたくさん入っていると知ったんです。
納豆は実はとても苦手で食べられないので、サプリメントから摂取できるならとってもいい!と思って願ってもないと思ったほどです。

 

まだ飲み続けて間もないので大きな変化はないのですが、前回の健康診断の値よりもコレステロール値が少し下がったので、これしかない!これのおかげ!と思っています。

 

とても嬉しい限りです。サプリメントは続けて飲まないと効果がないので、これからもきちんと飲み続けて健康保持に役立てていこうと思っています。

 

 

>>きなり詳細はこちら<<

 

そもそもコレステロールとは?

HDLコレステロールとLDLコレステロールとは

HDLコレステロールとLDLコレステロール値とは、
どちらも高くなると悪玉コレステロール値が高くなっている、
という意味です。悪玉コレステロール値が高いままでいると、
いろいろな病気の進行に繋がってしまうので、
高くなってしまった数値を下げなくてはいけません。

 

HDLコレステロール値もLDLコレステロール値も、
生活の改善をしていかなければなかなか下げることはできないでしょう。

 

食生活の見直しや、運動などをとりいれたり、
サプリなどの摂取などをして生活の改善をしていくのがお薦めです。

 

食生活はむやみやたらに野菜だけを食べたりすればいいわけではなく、
きちんとコレステロール値を下げられるような食品を摂取する必要があります。

 

コレステロール値を下げる食品として代表的なものが
DHAやEPAがたくさん含まれている、青魚などがあります。

 

悪玉コレステロールを下げながら善玉コレステロールを増やしてくれます。

悪玉コレステロールの基礎知識

本当の悪玉とは、「酸化LDLコレステロール」?

 

悪玉コレステロールの中でも、本当に悪玉と
言われているコレステロールは、酸化LDLコレステロールと呼ばれているものです。

 

この酸化LDLコレステロールはどのようにして出来るのかというと、
活性酸素と結び付くことで出来ます。

 

そして酸化LDLコレステロールが出来てしまうと、
心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞などの病気の原因と
なることがありますので、気を付けなければなりません。

 

悪玉コレステロールを下げるだけではなく、まずは酸化LDLコレステロールに
ならないようにしなければならないでしょう。

 

どうすれば酸化LDLコレステロールを作らないようにいられるのかというと、
原因として考えられることとは、喫煙や、内臓の脂肪が増えてしまう
ことで出来てしまうことがあるため、自分の食生活や嗜好で防げるものは
防いでいくと良いでしょう。

 

魚や肉の焦げた部分を食べることでも出来るので避けた方が良いです。

 

悪玉コレストロールとお酒と中性脂肪はまるで悪友

 

お酒をたくさん飲んでしまうことで、中性脂肪がとても増えて、
さらに悪玉コレステロール値も上がってしまうというようなことがあり、

 

いろいろなものが悪化してしまうため、アルコールと中性脂肪には
特に気を付けた方が良いとされています。

 

アルコールを摂取するとどうして中性脂肪が増えてしまうのかというと、
アルコールを摂取することで肝臓で中性脂肪が合成されることで増えていくのです。

 

さらにそれによって悪玉コレステロールも増えていきますので、
ただアルコールを飲んでいるだけなら大丈夫、と思わないようにした方が良いでしょう。

 

また、たった1杯のアルコールであっても、体内からきちんと分解されて
ぬけていくまでは3時間くらいかかるとも言われています。

 

アルコールをもしも飲むのであれば、出来るだけ糖質の少ないものを
選んで飲んでいった方が、体のためには良いとされています。

 

悪玉コレステロールを下げないと動脈硬化にの危険?

 

悪玉コレステロールをそのままにしておくと何がよくないのかよくわからない、
という人もいるかもしれませんが、

 

悪玉コレステロールが高くなってしまったものをそのままにしてしまったりすると、
病気に繋がっていってしまいます。特に悪玉コレステロールをそのままにすると、
動脈硬化になるリスクが高くなると言われています。

 

 

動脈硬化は血液が流れにくくなるような状態になることを言うため、
放置していると、さらに動脈硬化から脳梗塞や心筋梗塞などにも
つながっていくとも言われていますので、
悪玉コレステロールを下げるよう努力しなくてはなりません。

 

具体的に悪玉コレステロールをどのように下げたらいいのかというと、
食生活の改善と運動不足の改善をしていかなければ、
なかなか数値は変わっていかないでしょう。

 

食品も悪玉コレステロールを下げるものをセレクトして摂取していくのが望ましいでしょう。

 

悪玉コレステロールが多くなるのはどんな人?

 

悪玉コレステロールはどんな人が多くなってしまうのかというと、
日ごろから規則正しい生活などをしていなかったり、
食生活が乱れていたり、病気になっていることから
そこから影響を受けて数値が高くなってしまうということなども考えられます。

 

好きなものを好きなだけ、アルコールなども毎日摂取するというような人は、
知らず知らずのうちに悪玉コレステロールを増やしていくことになります。

 

また外食が多かったり、揚げ物が多かったり、野菜不足になりがちな人も
悪玉コレステロールが増えていく原因となることでしょう。

 

過度のストレスなどもかかえることによって、善玉コレステロールが減ってしまい、
悪玉コレステロールを増やしていく原因ともなります。また喫煙なども、
悪玉コレステロールを増やす原因とされていますので、動脈硬化になるリスクを高めてしまうとも言われています。